日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

高架下タイムスリップ 「国道駅 後編」

神奈川県 > 横浜市

前編に続き、国道駅の高架下に潜入。

国道駅11
通りの両側には住宅を兼ねた店舗が往時の姿のまま並んでいる。
「三宝住宅社」と書かれたこちらも、店自体は役割を終えているものの看板が残っている。

国道駅12

国道駅13
高架下はアーチ型の橋脚が続き、昼間でも薄暗い。

国道駅14
ほとんどの高架下建物は、店舗兼住宅だったようだ。なんとも哀愁たっぷりの光景。
その一つ一つが、かつて人々が存在し、営んでいた生活の証しである。

国道駅15
嬉しい事に構内で営業中らしき店もあった。「やきとり国道下」。

国道駅16
こちらは閉鎖されているが、「KEY STATION」と書かれていた跡が。
ラジオ局でもあったのか、それともホントのキー(鍵)の店だったのか。

国道駅17
ただ、近年はやはり老朽化のため高架下の建物が次々に閉鎖されているよう。
ほとんどの建物にベニヤ板が貼られ、解体が遠くない雰囲気。

国道駅18
前編で紹介したのとは反対側の出口。
建物はやはりネットが張られ、老朽化は顕著。
見たい人は是非早めに見学を。
スポンサーサイト

高架下タイムスリップ 「国道駅 前編」

神奈川県 > 横浜市

横浜市鶴見区にある鶴見線の駅「国道駅」。
そのガード下は全国でも屈指のタイムスリップ具合と評判である。

国道駅01
大きく弧を描く特徴的なプラットホーム。

国道駅02
その特徴からホームと電車の間が広く開く箇所があり、こんな注意書きも。

国道駅03
高架駅のこの駅は、ガード下の通りに異様とも言える薄暗い異空間がある。

国道駅08
改札は自動化されているものの、これはあえてだろう切符切り時代の面影が残されている。切符切りを経験していた我々にとってこれを見られるのは嬉しい。
切符切り、良かったよね~。

国道駅04
駅構内は建設当初から全く改築されていないという。
駅が完成したのが1930年(昭和5年)という事だから、80年以上経過している事になる。

国道駅05
高架下の写真は後編に紹介するとして、まずはこちら。
横断歩道から見た駅の建物。

国道駅06
外壁落下防止のネットが張られた建物正面の右側には、

国道駅07
第二次世界大戦中の米軍による機銃掃射の銃弾の痕が生々しく残っている。

続き→

ギョッ!突如の巨大頭部 「仏具工場 翠雲堂」

千葉県

松戸市五香の県道沿い。
知らずに車で通ると思わずギョッ!と目を奪われる場所がある。

翠雲堂1
「仏具工場 翠雲堂」という看板と共に見えるのは、

翠雲堂2
なんと巨大な仏像の頭部が現れるのである。

翠雲堂3
漆黒の頭部は、何の変哲も無い郊外の風景の中でかなりのインパクト。敷地内から道を見つめておわす。
こちら「仏具工場 翠雲堂」は、仏壇仏具の製造販売店。 仏壇・仏具の他に、寺院建築や大仏像の製造まで手がけている珍しい販売店。

翠雲堂4
この頭部、どこかでお会いしたような...。
実はこちら、東京冒険紀行で紹介した板橋区の「東京大仏」の原型だそうだ。

翠雲堂5
地元の人々にとっては見慣れた光景なんだろうけどね。人が前を通ると、その大きさがよく分かる。
台座を入れると4メートル位あり、さすが大仏こりゃデカイ。

目の前に大仏頭部というと、「福泉寺・首大仏」や「上野大仏」を思い出すが、こちらはそういった悲しい歴史は無さそうだ。

レトロ建築探訪・京都編

京都府

京都で「レトロ建築探訪」というと見つかる建物もレベルが高く、数も多くてキリがなさそうだが、今回の京都冒険で見つけた、京都駅周辺のレトロ建築物を紹介。

京都市役所1
まずはこちら。
1927年(昭和2年)から1931年(昭和6年)にかけ完成した「京都市役所」。
意匠設計は「五龍閣」も設計の武田五一が監修した、鉄筋コンクリート造り4階建て。

京都市役所2
変化に富んだ中央ファサードの意匠が目を引く。

富士ラビット
現在「なか卯」が入居している「富士ラビット」と書かれた建物。
大正末期竣工というこちら、かつてはフォードの輸入代理店だったそうで、車やタイヤのデザインのステンドグラスが見られる。
機会があれば是非内部も見てみたい。

旧家邊徳時計店
煉瓦造りに凝った装飾が贅沢な「旧家邊徳時計店」。
1890年(明治23年)竣工、日本最古の時計貴金属商店舗である。

sacra
現在カフェや雑貨店が入る「SACRA」も、不動貯金銀行の京都支店として1916年(大正5年)に建てられた古い建物。

京都中央信用金庫東五条支店1
上の「SACRA」と似ているが、こちらは1924年(大正13年)竣工の「京都中央信用金庫東五条支店」。
柱やアーチ窓など装飾され、銀行らしい重厚な石造り。

京都中央信用金庫東五条支店2
隣りのかまぼこ屋「ヨシモト」もこりゃ古い。

レトロ建築探訪京都1
そして京都といえば路地裏に迷い込むのも楽しみの一つ。

レトロ建築探訪京都2

レトロ建築探訪京都3
ひょんなところで、あっと驚く風情で出迎えてくれるかも知れない。

回るよ時代とサインポール 「宮川美髪館」

京都府

前回の「文椿ビルヂング」に続き、京都に残る近代建築の一つを紹介。

宮川美髪館1
こちら「宮川美髪館」は、油小路と綾小路が交わる路地にある。
建物の外観全体の写真を撮り忘れてしまったが。

宮川美髪館2
昭和2年竣工。右から左に「美髪館」と書かれているのが素敵。
木造二階建てで、壁面は全体的に黄色のタイルで飾られ、下のほうには板チョコみたいなビターブラウンのタイル。

宮川美髪館3
何ともレトロ感あふれるサインポールに、窓の装飾が可愛らしい。

大きな洋館などは文化財として登録されているものも多いが、京都にたくさん残っているこのような小さな近代建築は、周辺住民しか知らないような建物も多い。
こんな建物が路地にひょっこり現れるのだから、京都の冒険はクセになる。

文明開化の花の香り 「文椿ビルヂング」

京都府

文椿ビルヂング1
京都市中京区にある「文椿(ふみつばき)ビルヂング」は1920年(大正9年)竣工。
珍しい木造の洋館で、洋館でありながら、約5mという社寺仏閣並みに天井の高い造り。

文椿ビルヂング2
壁面や屋根にモダンな装飾が施され、随所に使われている銅板の青緑が映える。

文椿ビルヂング3
当初は貿易会社の社屋として使われ、戦後間もなくはアメリカの文化施設としても使わていた。
現在はリノベートされ、ショッピングや食事のできる商業施設になっている。

ハイカラな独特の魅力のあった京都の町並みも、東京と同じく節操のない抗菌・均質の町並みへと変わりつつある。そんな中でこういったプロジェクトは大きな意味がある。

« »

02 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR