日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

情緒豊かな鎌倉物語 「鎌倉駅・裏口 後編」

神奈川県 > 鎌倉市

前編に続き表口より見どころたっぷりな裏口を歩く。

鎌倉駅周辺31
後編でまず紹介するのは、こちらの城のような大型レトロ建築物「寸松堂」。

鎌倉駅周辺32
1936年(昭和11年)竣工。鎌倉彫の彫師、佐藤宗岳氏の店舗兼住宅で、現在も鎌倉彫の店舗として営業している。

鎌倉駅周辺33
こちらは別に古い建物でもなさそうだが顔に見える顔ハウスだ。
窓の上にあるのは眉毛に見えるぞ。これは意図的じゃないのか?眉毛付ハウスはレア。

鎌倉駅周辺34
この通りは戦前の建物から看板建築、バラックなど興味深い建物が多く見られる。

鎌倉駅周辺35
補修跡が目立つこちらのレトロ建築物も、和洋折衷でなかなかオシャレ。

鎌倉駅周辺37
右から左に「柴崎牛乳本店」と書かれたこちら。

鎌倉駅周辺38
牛乳店らしからぬ凝った装飾が目を引くが、もともと牛乳店だそう。
ただ当初はその造りから、銀行と間違えて人が入ってきたそうだ。

鎌倉駅周辺39
階段の上にある、タダならぬオーラを放つこの建物。

鎌倉駅周辺40
こちらは1908年(明治41年)竣工の「旧諸戸邸」。関東大震災で壊滅的な被害を受けた鎌倉に残る数少ない明治期の建物。明治時代の建物は以降の建物に比べ外観の造形意匠が華やかなのが特徴だが、こちらはその中でも秀逸。
近代に別荘地として栄えた文化や記憶を今に伝える非常に貴重な存在。

鎌倉駅周辺41
今回紹介した鎌倉駅・裏口の街並は、江ノ電で移動すると見られないもの。
体力に余裕のあるレトロ好きな読者諸兄には、是非歩いてみてほしい。
スポンサーサイト

情緒豊かな鎌倉物語 「鎌倉駅・裏口 前編」

神奈川県 > 鎌倉市

鎌倉駅の「鶴岡八幡宮」がある東口を表口と呼ぶのに対し、西口は裏口と呼ばれる。
駅からは多くの人が表口の小町通りに吸い込まれていくので裏口の呼び名にはしっくり来るが、我々的にはレトロ好きには裏口からの町並みがオススメ。

ホテルニューカマクラ02
駅を出てから歩いてすぐの所にあるレトロ建築物は、大正時代の建物で現役のホテル「ホテルニューカマクラ」。

鎌倉駅周辺21
また1933年(昭和8年)落成したという「鎌倉市立御成小学校」も近い。
こちらの正門もともとは御用邸の正門だったもので、架けられている校名の看板は明治・昭和期の俳人・高浜虚子筆によるもの。

鎌倉駅周辺22
体育館なのか、神社仏閣に通じる豪勢な造りの建物が通りからでも目を引く。

鎌倉駅周辺23
屋根の塔のような部分も特徴的だ。
ちなみに学校は敷地のほぼ全域が郡衙跡(遺跡)であると推定され、度々考古学調査が行われているそうである。

鎌倉駅周辺24
こちらは「旧安保小児科医院」。大正13年頃に建てられ、平成7年まで医院として使用されていた。建物の内外部とも創建当時の姿をとどめる貴重な医院建築の一つ。

鎌倉駅周辺25
その並びにある渋い雑貨屋。

鎌倉駅周辺26
というより、カラーバットやおもちゃ刀・銃等が並ぶ子供向けの玩具屋。
店内のあちこちに筆で商品名が書かれていて、これまた渋い。

鎌倉駅周辺27
しばらく歩くと存在感のある洋館チックな建物が現れた。

鎌倉駅周辺28
こちらは1927年(昭和2年)竣工の「旧横浜興信銀行由比ガ浜出張所」。
現在は建物をそのまま活かして「THE BANK」というバーになっている。

鎌倉駅周辺29
こちらは綺麗に塗りなおされているが、看板建築っぽい3軒の建物。

鎌倉駅周辺30
こちらは明らかに戦前に建てられたと思しき純和風の「毎日春日新聞店」。
出桁造りの1階に、寺のような2階が乗っかっていたりユニークなギミックのある木造建築。

後編へ続く。
続く→

風情漂う鎌倉物語 「鎌倉駅・表口 後編」

神奈川県 > 鎌倉市

前編に引き続き、鎌倉駅から「鶴岡八幡宮」のある表口の散策。

鎌倉駅周辺11

鎌倉駅周辺12
若宮大路に接する交差点付近には、「鎌倉中央食品市場」。

鎌倉駅周辺13
昭和臭漂う比較的大きな市場。

鎌倉駅周辺14
年季の入ったバラックの中に小さな店が並んでいる昔ながらの市場の姿。

鎌倉駅周辺15
隣にある「鎌倉市農協連卸売所」も風情ある懐かしい市場の雰囲気漂う。

鎌倉駅周辺16
採れたての野菜や生花が並んでいて、地元民が集まり活気がある。

鎌倉駅周辺17
こちらもレトロ感漂う「丸七商店街」。

鎌倉駅周辺18
東京でも見られる闇市由来の市場商店街と共通する雰囲気。

鎌倉駅周辺19

鎌倉駅周辺20
実際戦後あたりから営業を続ける店もあるとか。

次回からは、レトロ好きには表口よりもオススメの、裏口(西口)を散策。

風情漂う鎌倉物語 「鎌倉駅・表口 前編」

神奈川県 > 鎌倉市

鎌倉時代には日本の政治において最も重要な位置であり、近代には鎌倉文士と呼ばれる作家、美術家などの文化人が集まり住んだという歴史都市「鎌倉」。古都保存法によって乱開発が規制され、古社寺や史跡等文化財が比較的多く残っている。
観光スポットも多い鎌倉においても、やはりそこは冒険紀行。鶴岡八幡宮や大仏の大型観光地にはあえて寄らず、リアルな生活感やレトロな風情を探し歩いて。

鎌倉駅周辺01
鎌倉駅の歴史は古く、開業は1889年(明治22年)。
3代目となる駅舎(現在のもの)に改築したのは1984年(昭和59年)。

鎌倉駅周辺02
市民の要望によって、西口広場に鎌倉駅旧駅舎の時計塔が保存されている。

鎌倉駅周辺03
駅東口は「鶴岡八幡宮」があることから「表口」と呼ばれる。
駅からすぐ見える大きな鳥居の入り口は鶴岡八幡宮の裏参道「小町通り」。

鎌倉駅周辺04
観光ルートとして人通りが非常に多く、土日は特に人でごった返す。
人ごみキライな人は、平日休みがとれた時に行きましょう。

鎌倉駅周辺05
さすが鎌倉、と感じさせるのは、ふと小道に入ると風情ある町並みが現れる。

鎌倉駅周辺06
レトロ建築が好きなら、やはり「鶴岡八幡宮」の参道・若宮大路沿いがオススメ。
明らかに古そうな店舗がポツポツ残っている。

鎌倉駅周辺07

鎌倉駅周辺08
この通り沿いの三井住友銀行もレトロな風貌がイカしている。20年くらい前に建てられ、以前はラルフローレンが入っていたとの情報も。

鎌倉駅周辺09
こちら「湯浅物産館」は1897年(明治30年)に貝細工の製造加工・卸売り店として創業。

鎌倉駅周辺10
横浜の貿易商社を模したという外観は、木造建築の正面に装飾を施した、看板建築の王道。

後編へ続く
続き→

冒険前には武器屋に寄ろう 「山海堂商店」

神奈川県 > 鎌倉市

山海堂7
鎌倉の代表的な観光地といえばやはり大仏、「高徳院」の「阿弥陀如来坐像」である。
しかし大仏はあまりにも有名なので、今回はそちらじゃなく「高徳院」の前にある武闘派土産屋を紹介する。

山海堂1
それがこちら、「山海堂商店」である。
一見普通の土産屋のようにも見えるが、品揃えは全然普通じゃないのである。

山海堂2

山海堂3
店先のショーケースには、フィクション・ノンフィクションを問わず様々な武器が並んでいる。

山海堂4
これ普通のまんじゅうとかキーホルダーがあると思って入った観光客はビックリするだろうな。

山海堂5
その品揃えは圧巻で、外国人に人気のありそうな日本刀や手裏剣だけじゃなく、RPGや冒険ファンタジーに出てくるようなカッチョイイ武器や防具も多数。

山海堂6
和洋の兜も充実。このあたりがコスプレイヤーやゲームクリエイターを中心に、コアなファンにとってのカリスマ土産屋となっている所以なのだ。

一度でもRPGに熱中した人ならば、初めて訪れる町の武器屋にワクワクする気持ちを思い出すかも知れない。
ただ、買った武器を装備した状態で町を闊歩しないよう注意。

潮の香りの純喫茶 「浮(ぶい)」

神奈川県 > 鎌倉市

鎌倉市・長谷にあるカフェレストラン。今回は名物料理もあるレストランを兼ねてはいるが、当ブログとしては純喫茶として捉えたい名店の紹介。

カフェレストラン浮1
こちらカフェレストラン「浮」。「ブイ」と読む。
店の雰囲気でも伝わってくるが、ブイとは船舶が海上での位置を知る等で使われる浮標の事。つまり海がコンセプトの純喫茶なのである。

カフェレストラン浮2
入り口のステンドグラスには漢字で「浮」。

カフェレストラン浮3
ヨット型の看板には「カレーライス」「水こしコーヒー」「ピザ」。

カフェレストラン浮4
店内は木製のインテリアに囲まれ、見方によっては古い船の中のよう。
壁には鮫の歯が飾られている。

カフェレストラン浮5
テーブルは舵にガラスが乗ったデザイン。

カフェレストラン浮6
この球体のガラス製ランプも、マリンテイスト溢れる。

カフェレストラン浮7
飾られた絵は...やっぱり海だ!

カフェレストラン浮8
丸窓に波の絵が描かれたこちらはアイデア賞もの。
船内から海を眺めてながら、コーヒーや食事を楽しむってコンセプトなんだね。

徹底して海・船コンセプトにこだわっていて面白い。
落ち着いた古き良き喫茶店の雰囲気も相まって、いや~お気に入りの喫茶をまた見つけちゃったなぁ。

鎌倉文士の文学館 「鎌倉文学館」

神奈川県 > 鎌倉市

今回レポートする「鎌倉文学館」は、かつて前田侯爵家の別邸だった建物。
1985年(昭和60年)に鎌倉市が寄贈を受け、文学館として活用している。

鎌倉文学館1
文学館へのアプローチは緑の木立に囲まれ、石畳に石造りのトンネル。

鎌倉文学館2
そしてこちらが「鎌倉文学館」。国の登録有形文化財となっている。
1890年頃に侯爵・前田利嗣の鎌倉別邸として建てられたが、1910年(明治43年)に火事により焼失。現在の建物は侯爵前田利為が1936年(昭和11年)に洋風に全面改築した建築物だ。

鎌倉文学館3
戦後の一時期には、デンマーク公使や内閣総理大臣・佐藤栄作の別荘としても使用された。

鎌倉文学館4
文学館は、様々な鎌倉文士のゆかりの品が展示されているが、内部撮影は不可。
洋館としての魅力を紹介したかったのに残念。

鎌倉文学館5
玄関にはオリエンタルな香りのランプ。

鎌倉文学館6
敷地には庭園があり、この日は色とりどりの薔薇が咲き誇っていた。

鎌倉文学館7

鎌倉文学館8
せっかくなので、洋館内部のかわりに綺麗な薔薇をお届け。

居留地のスパニッシュモダン 「ベーリック・ホール」

神奈川県 > 横浜市

今回は横浜市中区にあるモダンハウスの紹介。個人的には住みたい家ベスト5に入り、インテリア等色々真似てみたい要素のあるオシャレな建築物だ。

ベーリックホール01
こちらべーリック・ホール(旧ベリック邸)は、イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、1930年(昭和5年)に設計された。現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガン。当ブログでも訪れた「根岸競馬場」を設計したあのモーガンだ。

ベーリックホール02
600坪の敷地に立つべーリック・ホールは、スパニッシュスタイルが基調になっている。
2階は居住スペースで、窓は特徴のある「クワットレフォイル」と呼ばれる四つ葉型。欧州の伝統的なスタイルだ。

ベーリックホール03
煙突部の下には壁泉があり、迫力あるライオンがいる。

ベーリックホール04
オシャレはもちろん外観だけじゃない。玄関はいるといきなり超モダンな空間が。

ベーリックホール05
白と黒のタイル張りで市松模様...いやこの場合「チェッカー盤柄」と呼ぶべきか。

ベーリックホール06

ベーリックホール07
広いリビングやパームルーム等、ラグジュアリーな雰囲気。

ベーリックホール08
食堂は、和風な要素が盛り込まれている。

ベーリックホール09
階段のアイアンワークやバーガンティのカーペット。白黒タイルと相まってロックな雰囲気も感じる。とにかくオシャレ!

ベーリックホール10
階段の先の2階は居住スペースで、写真は子息の部屋。壁はフレスコ技法を用いて復元されているなど、建築学的にも価値がある。
奥には、外から見えたクワットレフォイルの窓が見える。

第二次世界大戦前まで住宅として使用されたというこちら。
セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用された後、復元・改修等の工事を経て、2002年(平成14年)から建物と庭園が公開されている。

« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR