日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

埠頭の1番手前ビル 「横浜海洋会館」

神奈川県 > 横浜市

横浜大桟橋の入り口に建っている何軒か並ぶレトロ建築物がある。

海洋会館1
今回紹介するのは、1番手前のこちらの「横浜海洋会館」。1929年(昭和4年)に竣工。

海洋会館2
スクラッチタイルが貼られた鉄筋コンクリート造りの3階建て。
1階には「横浜パイロットクラブ」が入居。

海洋会館3

海洋会館4
個人的に好きなのが、地下にあるイギリスのヴィンテージ古着を扱う「RISING SUN」。

海洋会館5
トラディッショナルな服や家具の品揃えは、居留地だった横浜の雰囲気にピッタリ!
スポンサーサイト

横浜見守るお堅いキング 「神奈川県庁本庁舎」

神奈川県 > 横浜市

横浜にある「神奈川県庁本庁舎」。歴史的建造物として登録有形文化財に登録され、塔屋は横浜三塔の「キングの塔」として親しまれている。

神奈川県庁本庁舎01
1928年(昭和3年)に竣工し、昭和初期に流行した帝冠様式が取り入れられている。
表面に溝を刻んだスクラッチタイルと、独自の幾何学的な装飾模様が特色の風格のある建物。

神奈川県庁本庁舎02

神奈川県庁本庁舎03
玄関ホールは、幾何学的なアール・デコ装飾と和風が調和。

神奈川県庁本庁舎04
中央階段の「宝相華」モチーフの球形照明。

神奈川県庁本庁舎05

神奈川県庁本庁舎06
せっかくなんで階段で上ってみる。
するとやはり各階にはみごとな装飾が施されていた。

神奈川県庁本庁舎07
こちらは塔屋(6~9階)にある鉄骨階段は、昭和3年竣工当時のままの姿。

神奈川県庁本庁舎08
建物の骨組みである鉄骨鉄筋コンクリート構造の鉄骨部分はこうしたもので出来ている。

神奈川県庁本庁舎09
屋上は展望台になっていて、港を一望出来る他クィーンの塔とジャックの塔も間近に見える。

神奈川県庁本庁舎10
最後にキングと「クイーンの塔」のツーショット。
これも屋上ならではの素敵な眺めである。

横浜三塔は、今でこそ周りにビルが建ち目立ちにくくなってしまったが、建った当時はかなり目立つ存在で、横浜港に入港してくる船の目印になっていた。入港する船の外国人船員達がトランプのカードに例えて「キング」、「クイーン」、「ジャック」と愛称をつけた言われている。センスいいねぇ!

埼玉の隠れたレトロ名駅 「長瀞駅」

埼玉県

長瀞にある秩父鉄道秩父本線の駅、「長瀞駅」。

長瀞駅1
開業は1911年(明治44年)、「宝登山駅」として。その後1923年(大正12年)に駅名を長瀞駅に改称した。

長瀞駅2
開業当時のままで残され、歴史を物語る木造建築の駅として、「関東の駅百選」の第1回選定駅となった。

長瀞駅3
現在は使われていない切符売り場。いや、シーズンで混雑時には使うのかな?

長瀞駅4
このランプはおそらく当時物だろうね、大正モダンを感じるデザイン。

長瀞駅5
ホームにも、駅舎と同じ雰囲気の屋根が付いているのが嬉しい。
旅情を感じるよね。やっぱ旅はこういう雰囲気を味わうものなんだな。

キラ星光るアーティスティックビル 「1928ビル」

京都府

今回は京都市中京区にあるキラリと光っているレトロビルの紹介。

1928ビル1
こちら「1928ビル」は、旧・毎日新聞社京都支局である。名前の通り1928年竣工。鉄筋コンクリート構造3階建ての、アール・デコ風の建造物。

設計は前回の「五龍閣」や、東京・本郷の「求道会館」の設計でも知られる建築家・武田五一。
氏の代表的な建築設計作品のひとつとされている。

1928ビル2
最上階の星型の窓がまず目を引く。これは毎日新聞の社章だそうだが、可愛らしいイメージでオシャレな効果になっている。扇を広げたようなバルコニーも凄い。

1928ビル3
毎日新聞京都支局が上京区に移転した後は「アートコンプレックス1928」というギャラリー・レストランとして利用されている。

1928ビル4
内部は想像以上に年季を感じるが、かえって味わい深い。

1928ビル9

1928ビル6
床のタイル貼り、壁のペイントなど、アーティスティックな雰囲気がまたマッチしてるなぁ。

1928ビル7
こちらはカフェスペース。

1928ビル8
いやはや、こんな映画に出て来そうな雰囲気のトコ。逆に新鮮だよね。

ちょうど東京・銀座の「奥野ビル」のように、ビル丸ごとがアートスペースのようになっているが、甲乙つけがたいキラリと光る建築物!

京都の大正ロマン館 「五龍閣」

京都府

京都というと、古都の魅力と神社仏閣などが思い浮かぶが、実は明治~昭和にかけて建てられた洋館なども多く残っている。今回も清水坂の傍らにある、そんな西洋館の紹介。

五龍閣01
こちら「五龍閣」は1914年(大正3年)に製陶家松風嘉定の邸宅として竣工。セセッションスタイルの西洋館である。

五龍閣02
設計したのは、東京・本郷にある「求道会館」も設計した建築家・武田五一。清水寺門前である事を配慮して、近代建築に瓦屋根など和を融合させている。

五龍閣03
内部も洋風を基調にしている。
吹き抜けの階段室が美しく絵になる空間。

五龍閣04
こちらは「夢二カフェ」。

五龍閣05

五龍閣06
大正モダンを満喫できるインテリアの数々。ステンドグラスも実に見事で、明治・大正好きにはかなりオススメ。

五龍閣07
大広間にある暖炉も大理石。暖炉は部屋ごとに違うデザインという凝り様だ。

五龍閣08
こちらのテーブルはイタリア産の大理石のモザイクでできた特注品とのこと。

五龍閣09
中央に描かれているのは清水寺だ。

五龍閣10
洋館に来ると思わずチェックしてしまうのが、ランプとステンドグラスだ。
どんどんコレクション写真が増えてしまう。

重厚な浪漫喫茶の寛ぎ 「喫茶築地」

京都府

和の情緒漂う京都・四条の小路に、洋風の佇まいで異彩を放つ一軒。

喫茶築地1
こちら昭和9年創業という「喫茶築地」。

喫茶築地8
創業当時から変わっていないという1階。
深紅が印象的な椅子が並び、床にはレンガが敷き詰められている。

喫茶築地2
そして100年以上昔のものもあるというアンティークな装飾の数々。

喫茶築地9
重厚な浪漫溢れる空間を作り出している。

喫茶築地7
2階席も有り、階段も雰囲気抜群で絵になる。

喫茶築地5

喫茶築地6
2階は昭和27年に完成したそうで、こちらもアンティークな装飾が所狭しと並ぶ。

実はこちら、純喫茶好きの我々が雑誌で見つけ、ずっと行きたかった店。
個人的には、この重厚具合が東京ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」のイメージに近く(もちろんホラーな感じは無いが)、ゴージャス感がストライク!
純喫茶の真髄を見せつけられるような大物喫茶である。

川越の大正ロマンに浸るカフェ 「シマノコーヒー 大正館」

埼玉県

大正館02
前回レポートの「川越」の大正浪漫夢通りにある喫茶店「シマノコーヒー大正館」。

大正館03
大正ロマンがコンセプトのカフェで、大正浪漫夢通りだけに一番コンセプトに準えた店といえる。

大正館05

大正館06
店内はキレイなもので、入り口とカウンター後ろの棚の赤いステンドグラスがポイントになっている。

大正館07
この日はブレンドとコーヒーゼリー、

大正館08
ツナトーストを注文。
店の人気ナンバー1は、川越名物さつまいもを使った「さつまいもチーズケーキ」だそう。

ちなみに、店にはマスターとウェイトレスのメイドちゃんがいる。
メイドはいわゆるアキバ系ではなく、大正ロマンがコンセプトであり雰囲気に合っていてカワイイ。

小江戸と呼ばれる蔵の街 「川越 後編」

埼玉県

前編でも述べたように、メインストリートである蔵造り通りには、蔵以外にも洋風建築が多く残っている。

川越11
カフェ・エレバートとして営業中の「田中屋仲町店」。これは見事な装飾である。

川越12
3階建てのこちらの建物は、現在は歯科医院として営業中の「旧山吉デパート」。
昭和11年に建てられた建物は廃墟となり長い間放置されていたが、近年昭和初期の姿を復活させた。

川越13
美しいステンドグラスも復元されている。

川越14
江戸情緒あふれる建物と、背後にモダンな洋風建築の共演。

川越15
目立つ洋風建築より先に気になったのは、手前の建物の屋根に付いたこちら。
まつ毛みたいな面白いのが付いている。

川越16
そしてこちらの洋風建築が「埼玉りそな銀行 ( 旧八十五銀行本店 )」。
竣工は1918年で、銅板葺きのドーム屋根と、縞模様になった外壁がモダンなデザイン。

川越17
小江戸・川越のランドマーク、「時の鐘」と、前を通る「鐘つき通り」。

川越18
「時の鐘」は、古くは鐘撞き守が決まった時間に時を知らせていたが、現在は1日4回機械式で鐘をついている。

川越19
こちらは「フカゼン」のオンボロ看板が絵になる「深善美術表具店」。
建物自体も立派な造りで一際目立っている。

川越20
それにしても気になるのは、蔵造りの町並みが見られるメインの「蔵造り通り」の車の多さだ。ひっきりなしに通るので、建物をゆっくり見たり写真を撮ったりがなかなか思うように出来ない。
ここは観光の大きな目玉だし、何とかしたほうがいいね。

小江戸と呼ばれる蔵の街 「川越 前編」

埼玉県

「川越」は江戸時代に川越藩の城下町として栄えた都市で、別名「小江戸(こえど)」。神社や寺院、旧跡、そして歴史的建造物が多いことから埼玉県内で唯一、国から「歴史都市」に認定されている。
今や海外の旅行ガイドブックにも紹介されるほどの観光都市である。

川越01
川越といえば、何といっても蔵造りの町並みが有名。
重厚な蔵造りは、1893年(明治26年)の大火を喫機に築かれた。

川越02
蔵だけの街並では我々にはちょっと渋すぎるのだが、川越の町並みの魅力はもちろんそれだけではない。近代洋風建築も多く残っている。
これが江戸時代から現代へ至る変遷を示しているわけだ。

川越03
この街の看板建築も...見どころ多い。

川越04
この一風変わった建物は「旧鶴川座」。芝居小屋である。
芝居小屋という響き自体が懐かしいが、こちらも前述の大火で消失し、再建された建物。

川越05
芝居興行を中心に、講演活動、活動写真の上映も行われた。大正時代に外観がタイル貼りの洋風に改装されたが、内部の客席は升席、回り舞台もそのまま使われていたそう。回り舞台やぶどう棚が現存する、関東近郊では数少ない建築物である。

川越06
大正浪漫夢通りにある、昭和13年創業の「和守煎餅(みこもりせんべい)」。
唐辛子をまぶした激辛煎餅「発狂くん」が名物。

大正館01
左が喫茶店「シマノコーヒー大正館」、右が「いせや」。
左右とも昭和初期っぽい建築物だが、いせやの大きなアーチを描く屋根は珍しい。

川越07
大正浪漫夢通りの北端にある洋風の建物「川越商工会議所」。
建物の規模は大きくないが、丸の内あたりに見るような立派な洋風建築だ。

川越08
1928年(昭和3年)に武州銀行川越支店として竣工。見事な装飾が施されている。
国の登録有形文化財。

川越09
大きな通りに面していることの多い看板建築だが、川越では小道にも並んでいる。
モルタル造りのカラフルな看板建築だ。

川越10
実はこの細い路地は、道路の拡張工事が予定されていたものの、工事が中止になったという。道路が広くなって人通りが増えるのを見越して造られた店舗なのだろう。

後編へ続く
つづき→

« »

10 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR