日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

古き良き飯能ストリート 「飯能銀座商店街」

埼玉県

飯能駅北口から少し進むとある「飯能銀座商店街」。
飯能銀座商店街01
こちらも前回の「飯能駅周辺」である事に変わりないわけだがレトロな風景がかたまって存在するので、今回は単独でこの商店街にスポットをあてて。

飯能銀座商店街02
かなり昭和臭の漂う鄙びた商店街に、かつて栄えた街の名残が見れとれる。

飯能銀座商店街03
細い道を入ると、「旅館 新川長」という看板のある建物。

飯能銀座商店街04
旅館としての営業はしていないようだが、どこか妓楼風の古そうな装飾がある建物。

飯能銀座商店街05
こちらの平屋の商店は「杉山フルイ店」。ここは一際オーラを放っている。

飯能銀座商店街06
竹籠や曲物、篩(ふるい)などを売っている。
佇まいといい、品物といい、まるで時代劇の宿場町の光景である。

飯能銀座商店街07
手前に現役店舗「吉川理容所」が入居する看板建築。この建物は、もともと五軒長屋の木造2階建てとして明治時代に建てられたもの。
その後、西洋文化の広がりに伴い、木造建築に西洋の石積みを模したファサードを造った。

飯能銀座商店街08
そのため、横の路地からは木造の建築部分が見えるわけだ。

飯能銀座商店街09
ほんわかオーラを放つイラストがナイスな手づくりパンの店「英国屋」。

飯能銀座商店街10
路地を入るとある、爽やかなスカイブルーに塗られた「土肥歯科」。
向かって左の棟続きは住居か、味な装飾がなされている。

銀座と呼ぶには寂れた商店街だが、都心の街並が節操ない商業タウンに変わっていく昨今においては貴重であり、きっと多くの人がこんな古い商店街の良さに気が付くときが来る...と、思いたいねぇ。
スポンサーサイト

林業で栄えし街に残る色 「飯能駅周辺 後編」

埼玉県

江戸時代あたりから材木需要の急増に伴い、栄えていた飯能。
華やかだったかつても面影を探して、前回に続きまだまだ駅周辺を歩く。

飯能駅周辺11
大通り商店街にある老舗うなぎ屋「畑屋」。

飯能駅周辺12

飯能駅周辺13
この建物は、正面からは分かりにくいが木造3階建て。明治時代の創業で、元は料亭だったという。
古き良き時代の浪漫を感じる。

飯能駅周辺14
その隣りの居酒屋「いさ」。
車輪のようなデザインの丸窓に、建物の半分が蔦で覆われド演歌な雰囲気。

飯能駅周辺15

飯能駅周辺16
古い料亭が並んだ箇所もあり、かつての風情がまだ残っている事を感じる。

飯能駅周辺17
路地裏にも木造平屋はまだまだ多い。

飯能駅周辺21
もう一つ、街を彩る存在。それはネコ。

飯能駅周辺24
3~4匹と出会えたが、メンバーの一人とこんなに仲良くなったネコも。

飯能駅周辺25
こちらは「飯能銀座商店街」を出たあたり。
出口付近にも鄙びた商店が並び、冒険紀行的には嬉しい光景。

飯能駅周辺20
壁の部分が細かなタイルでビッシリ飾られた建物。
ガラスに書かれた“Noritake-China(?)”。中華料理屋だったのか何なのか詳細は不明だが、アンティークのコーラ瓶みたいでなんかイイね!

林業で栄えし街に残る色 「飯能駅周辺 前編」

埼玉県

古くから林業で栄え、江戸時代には材木需要が急増し栄えていた飯能。入間川や高麗川の水運により10日ほどで運ばれる飯能の材木は「西川材」と呼ばれる。
飯能駅は西武鉄道池袋線の駅になり、東京のベッドタウンとなってきている。

飯能駅周辺01
そんな「飯能駅周辺」には、期待通り結構古い町並みが残っている。
駅からすぐのところには、木造の古い商店がポツンと残る。

飯能駅周辺02
ファサード以外を青いトタンで覆われたこちらは、呑み屋のようだ。

飯能駅周辺03
見るからに価値のありそうなこちらの蔵は「店蔵絹甚」 。
絹問屋の店蔵として建てられた、1904年(明治37年)竣工の土蔵造りの2階建て。

飯能駅周辺04
火事の際、軒伝いに火が延焼するのを防ぐ防火壁・うだつや青海波模様の箱棟、そして影盛鬼瓦など、市内に現存する蔵の中で最高の贅を尽くした造り。
飯能市指定の有形文化財。

飯能駅周辺05
林業で栄えていた飯能。
華やかだった時代に形成された遊里の名残も見られる。

飯能駅周辺06

飯能駅周辺07
車も通れないような細い路地に、呑み屋をはじめレトロな建物が並ぶ。

飯能駅周辺09
都内でもわずかに残る、私娼窟跡に似た妖しげな雰囲気の町並み。

飯能駅周辺10
現在は、そのまま民家になっている建物もあるようだが、昭和を感じる屋号で営業を続けている店舗も多い。
続き→

失われゆく古き町並 「所沢日東地区」

埼玉県

以前「所沢駅周辺」で書いたように、かつて蔵造りの街並みが風情たっぷりだった所沢は、高層マンションが雨後の筍のごとく乱立している。

所沢日東地区01
東京のベッドタウンとして人口が急増し、今後も更なる発展のためと再開発は進んでいる模様。所沢駅西口前から伸びるチェーン店だらけのメインストリート「プロペ通り商店街」から少し入ったトコに広がる「日東地区」と呼ばれる地域もその対象。

所沢日東地区02

所沢日東地区03
現状では地区全体の合意などが難しい状況のようで、反対運動を続ける住民と軋轢が生じているようだ。

所沢日東地区04
それを物語るように、時間が止まったまま放置されたような町並みが。
細い路地に平屋の木造家屋が並び、「プロペ通り商店街」とは全く違った世界が広がっている。

所沢日東地区05
古いアパートも、駅に近いものは押し並べて立ち退きを終え、入り口が閉鎖されている。こうなると解体を待つのみである。

所沢日東地区06

所沢日東地区07
植物が生い茂り、自然に返りつつある家屋。人の気配が消えたまま長い時間が経過した事を風景が物語っている。

所沢日東地区08
古い平屋の団地の向こうでは、再開発され完成した高層マンション、そしてその中間では大型クレーンのある工事現場。
図らずも再開発風景のグラデーションを形成している。

所沢日東地区09
民家と思われる珍しい建物も。和風建築ながらテラコッタなど洋風も取り入れた変わった建物である。封鎖はされていないが、果たして...。

所沢日東地区10
かつては川越のような蔵の町でもあった所沢。今や街の中央に高層マンションが並び、再開発の手はさらに広がっていこうとしている。

« »

07 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR