日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

東京都の霞ケ関駅ではありません 「霞ヶ関駅周辺」

埼玉県
今回は霞ヶ関駅周辺。
霞ヶ関駅といっても埼玉県川越市にある駅である。

まず「霞ヶ関駅」という駅名だ。
霞ヶ関駅周辺01
東京地下鉄の「霞ケ関駅」と間違えられる事も多いが、こちらの方が早くから「霞ヶ関駅」を名乗っている。
しかし、悲しいかな知名度に雲泥の差があるため、敢えて「東武霞ヶ関駅」と表現したり、「東京都の霞ケ関駅ではありません」といった内容の案内板が設置されている。

霞ヶ関駅周辺02
駅前に現れるのが「霞ヶ関ビル」。

霞ヶ関駅周辺03
今で言うショッピングモールみたいに使われているビル。
そこはかとなく昭和臭が漂うが、我々に言わせればまだ若い(笑)

霞ヶ関駅周辺04
「おっ」と思ったのはビルを通り抜けたその先。アーケードの商店街になっていた。
昭和の賑やかな時代の面影を感じる通り。
天井はクリアカラーのトタンになっている。

霞ヶ関駅周辺05
車通りは「かすみ商店街」。
銅色の街灯がレトロキュート。

霞ヶ関駅周辺06
小規模な昭和っぽい商店建築が並ぶ商店街。

霞ヶ関駅周辺07
「としこ美容室」と書かれた店舗。
2階のSONYの文字も気になる。

霞ヶ関駅周辺08
味わい深い看板が残されている。

霞ヶ関駅周辺09
途中で見つけた「霞ヶ関マンション」は、キュートなフォントに一目ぼれ。

霞ヶ関駅周辺10
路地の向こうに見える「喫茶 祇園」。
一見さんを寄せ付けないオーラが漂う。
スポンサーサイト

活躍中の屋上遊園地 「丸広百貨店わんぱくランド」

埼玉県
蔵の街・川越は、江戸情緒を感じることが出来るが、川越には昭和の風情もそこかしこに散らばっている。
今回もそんなスポットを紹介。

丸広わんぱくランド1
西武新宿線の本川越駅から徒歩5分ほどにある「丸広百貨店川越店」は、同百貨店の事実上の本店。
1957年(昭和32年)に開店した川越市唯一の百貨店である。

そんな丸広百貨店の川越店は、百貨店の勢いが弱まった現在でも昔のままのような賑わいがある。
我々が着目したのは屋上遊園地「わんぱくランド」だ。
丸広わんぱくランド2
今では数少なくなった屋上遊園地だが、こちら「わんぱくランド」はどっこい営業中。

丸広わんぱくランド3
日本で二番目に小さいという観覧車「わんぱくホイール」。ちなみに一番は「東急プラザ 蒲田」の屋上観覧車。
こちらは1周りする間にカゴ自体も横に360度回転することで体を動かすことなく景色を楽しめるという工夫がされている。

丸広わんぱくランド4
屋上遊園としては本格的な飛行機型アトラクション「わんぱくエアプレーン」。

丸広わんぱくランド5
テントウムシ型モノレールは、「わんぱくランド」をほぼ一周している。

丸広わんぱくランド6
モノレールの先頭に描かれたテントウムシの顔は、「浦安の人気者にそっくり」とテレビで紹介された事もあった。

丸広わんぱくランド7
建物自体も昭和を感じさせる造り。
屋上へ向かう途中の店内も賑わっていて、川越市街地の核店舗的存在というのも肯ける。

悠久なる五千頭の竜の巣 「聖天宮 Ⅲ」

埼玉県
前回に続き、聖天宮で台湾の神々の宮殿を冒険!

聖天宮17
今回はまず、本殿の装飾をじっくり見てみよう。
前回は興奮して、すぐ内部に行っちゃったので。

聖天宮21
外観の壁面には、赤を中心にしているが、青空のような青が結構使われている。
それにしても細かな絵柄で、スケッチしようと思ったら気が遠くなるな。

聖天宮22
そして前殿同様、一本の石柱への透かし彫りの「九龍柱」。
ダイナミックに隆々と描かれていて芸術品。竜だけに。

聖天宮23
本殿前の中庭に設置された一枚岩から彫られた、こちらも物凄い竜の透かし彫り「九龍網」。

聖天宮24
その竜越しに本殿を見上げれば、
こりゃもう...何か、天界だよね。

聖天宮25
本殿から前殿を望む。

聖天宮26
それから前殿を挟む鼓楼と鐘楼には、上る事も出来る。

聖天宮27
楼閣の上からは、ガラスで造られた竜や鳳凰の装飾を間近で見ることが出来る。

聖天宮28
そして聖天宮の敷地の向こうには、長閑な日本の風景が広がっている。
そうか、ここは日本だったんだ。

聖天宮29
屋根の飾りや模様が、細かいタイルで描かれているのも見れる。

聖天宮30
いや~いかがでしたか。空想台湾冒険。
いままで無かったようなジャンルの冒険で、我々また興奮しちゃいました。
そして、いつかは「世界冒険紀行」なんて出来たらいいなぁ。
そんな夢まで描いてしまう冒険だった。

悠久なる五千頭の竜の巣 「聖天宮 Ⅱ」

埼玉県
埼玉県坂戸市の「聖天宮」。
聖天宮04
前回に続き、国内最大級の道教お宮で空想台湾トリップ!

聖天宮11
前殿の内観は天井が高く、八卦天井。
万以上の部品を釘なしで組まれたという。

聖天宮12
壁面には神々が見守っていて、豪華な上に迫力がある。

聖天宮13
前殿からガラス越しに本殿を望む。

聖天宮14
また、ここでは本場台湾の参拝・おみくじも体験できる。
有料だけど、是非お試しあれ。

聖天宮15
前殿から本殿に向かう通路。
こちらも真っ赤な柱や梁に派手な模様で、豪華豪華。

聖天宮16
壁にはこれまた神々が描かれ、天界の神殿を演出している。

聖天宮17
中庭越しに本殿。
そもそも黄色い屋根瓦は、神様と皇帝の建物にしか使われないそうだ。

聖天宮18
さて、期待高まる中いよいよ本殿へ。

聖天宮19
やはり本殿は、聖天宮の中でも粋を集めた装飾が施されている。
道教の最高神・三清道祖(元始天尊、道徳天尊、霊寶天尊)と道教の神々が祭祀されている。

聖天宮20
天井は、これまた凄い。
豪華絢爛な装飾の中に、渦を巻いたような螺旋状の装飾が施された太極天井。
これも釘無しで組まれている。

まだ終わらない。
次回も聖天宮で神々の宮殿を冒険!
続き→

悠久なる五千頭の竜の巣 「聖天宮 Ⅰ」

埼玉県
台湾の伝統宗教・道教のお宮、埼玉県坂戸市にある「聖天宮(せいてんきゅう)」。
聖天宮01
道教のお宮として日本国内で最大級だそうだ。

聖天宮02
天門の正面入り口にいる中華な狛犬。狛犬でいいのかな?

入り口に当たる天門だけでも圧倒されるが、内部には更に圧倒的な世界が広がっているはず。
聖天宮03
それではいよいよ、
西遊記のような空想台湾冒険を始めるぜ

聖天宮04
バァァァァーーーーーーン!!!
銅鑼の爆音が脳裏に鳴り響くような、このエキゾチックなビジュアル。

聖天宮05
手前から鼓楼、前殿、鐘楼。
聖天宮を建立したのは台湾出身の康國典(こうこくてん)大法師。
何でも建立地を探していたところ、日本国・埼玉県坂戸市に建立するようお告げがあったそうである。

聖天宮06
前殿の豪華絢爛な造りは圧巻。

聖天宮07
5mもある一本の石柱には、竜の透かし彫りが施されている。
こちら「九龍柱」は、台湾宮大工の真骨頂。

聖天宮08
壁面の装飾も透かし彫り。

聖天宮09
一つ一つが芸術品である。
なんでも1981年より着工し、15年の歳月を経て1995年に開廟。
装飾品は、台湾より運び、台湾の宮大工によって建造されたそうだ。

聖天宮10
さて次回はやっと前殿に入り、本殿まで一気に向かっちゃうぞ。
続き→

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR