日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

高架下商店街の終末 「八丁畷ショッピングセンター」

神奈川県

八丁畷ショッピングセンター01
さて、今回は八丁畷のメイン冒険地、「八丁畷ショッピングセンター」の冒険。
鶴見線の高架下にあるアーケード型商店街である。

八丁畷ショッピングセンター02
入り口左の電気屋と、新たに入居したインドカレー店は営業していたが、それ以外はシャッターを下ろしている。

八丁畷ショッピングセンター03
あとはおそらく元店舗を運送会社の拠点として使用されているくらい。

八丁畷ショッピングセンター04
こちら「きらきらぼし」は、謎のメルヘンタッチのお城イラストが通りのアクセントに。
カラオケと書かれていて、どうやらこの日は定休日のようだった。

八丁畷ショッピングセンター05
結局ショッピングセンターといいながら、電気屋以外ほとんど買い物が出来ない状態である。

八丁畷ショッピングセンター06
しかし通りを挟んだ奥の方は、さらに終末化が著しい。
天井の照明は明かりをつけず、ほぼ全ての店舗がシャッターを下ろしている。

八丁畷ショッピングセンター07
照明をよく見ると赤・黄色とカラフルで、往時の賑わいを垣間見ることが出来る。

八丁畷ショッピングセンター08
しかし現在はサイドの後付蛍光灯が無ければ暗闇通り。
途中で見える明かりも、元店舗が住居として残っているだけなのである。

八丁畷ショッピングセンター09
シャッターにはかつての屋号なり、残り香があるのだが。
その様が逆に物悲しくなる。

八丁畷ショッピングセンター10
出口では、かろうじて酒屋が営業していた。
アーケード商店街で出入り口しか店舗が残っていないなんて。

高架下商店街の終末は、高齢化社会が進む日本の未来の縮図という気がしてならない。
スポンサーサイト

畷の庭に残る昭和 「なわて横丁」

神奈川県

八丁畷駅から出てすぐ。
八丁畷駅周辺04
当初は駅前に「八丁畷商栄会」と書かれたアーチがあったが、現在撤去されていた。

なわて横丁01
なので事実上商店街および横丁として認識される、最初の通りがこの「なわて横丁」である。

なわて横丁02
佇まいは昭和40~50年代の様相。

なわて横丁03
ただ、そこまでオンボロな雰囲気ではないぞ。
つまり、まだ活きている横丁なはず。

なわて横丁04
このテの横丁は夜の姿を見ておかないと。
ということで、行ってきました夜の「なわて横丁」。

なわて横丁05
やはり、現役店舗が結構残っている。
これはソソられる。

なわて横丁07
中間あたりの店舗は、概ねシャッターを下ろしているが。

なわて横丁08
通りでしばらく見ていると、カラオケの歌声が響き、割烹着の女将さんが小走りで買出しに行っていたり。
こちらはイイ具合に“昭和の横丁”を機能させていて癒される。

さて次回は、そんな昭和が終末化したショッピング街へ。

どんより曇る宿場町の端 「八丁畷駅周辺」

神奈川県

川崎市川崎区にある「八丁畷駅」。“八丁畷”で“はっちょうなわて”と読む。
八丁畷駅周辺01
川崎宿の出入り口から西へ八丁(約870m)にわたり、市場村(現・横浜市)との境界に至るこの地を「八丁畷」と呼ぶようになったとのこと。

八丁畷駅周辺02
この一帯では、江戸時代から多くの人骨が出土している。
川崎宿は震災・大火・洪水や飢餓・奇病など、たびたび災害に見舞われている地で、戦後になっても道路工事などで多数の人骨が掘り出されている。

八丁畷駅周辺03
そのため、川崎市と地元の人々により駅前に供養塔が建てられている。
ここは無縁塚と呼ばれ、現在も供養が続けられているのだ。

八丁畷駅周辺04
そんな八丁畷の駅周辺は、狭いエリアの鄙びた商店街と、新しい高層マンションが混在。
上を通るのは鶴見線だ。

八丁畷駅周辺05
こんな街で期待するのは、土着の古い喫茶店。
冒険隊のアンテナに引っかかる喫茶は、やはりあります。

八丁畷駅周辺06
こちらの「喫茶富士」もそんな一つ。

八丁畷駅周辺07
商店街はすぐに終わり、そこから先はすぐに住宅地。
そこには工場の街川崎らしく、町工場などが点在している。

さてさて、わざわざ八丁畷に来たんだから、もちろんこれだけでは終わらない。
実はメンバーが聞きつけた、2つの気になる冒険地を求めてだ。
次回より、そちらを紹介。

日本全国ローカル鉄道 「鶴見線 Ⅲ」

神奈川県

前回から引き続き、鶴見線の旅。
臨海の工業地帯に限界まで近づいてみる。

鶴見線21
前回の「浜川崎駅」から工場風景を見ながら歩いていたら、いつの間にか次の昭和駅に着いてしまった。

鶴見線22
道路を横切るこの路線は、工場への引き込み線や貨車の留置などに使う線路の跡だろう。

鶴見線23
廃線になってしばらく経つようで、踏み切りは取り外され、草木に覆われている。

鶴見線24
何だアレは。ほとんど厚みの無い建物がズラリ並んでいる風変わりな風景。
住居にはならんだろうなぁ。

鶴見線25
またまた何だアレは。
工場版のパルテノン神殿といった感じのカッコいい建物。

鶴見線26
唐突に現れた「身代わり地蔵」。
ずいぶん昔からこの地を見守っている感じ。

鶴見線27
カラフルなクレーンがズラリ。
これだけの規模は工業地帯ならでは。

鶴見線28
先ほどのパルテノンを限界まで間近で。
この先は“関係者以外立ち入り禁止”エリアとなる。

鶴見線29
終着駅の「扇町駅」。
四方を運河に囲まれた「島」に駅がある。

鶴見線30
貨物を輸送するために用いる専用線がたくさんあるが、旅客用のホームは単式ホーム。
片側に列車が発着する線路が1線のみ接する。

鶴見線31
最後に一つエクスキューズ。
もう一つの終着駅、支線の「海芝浦駅」は時間の都合で割愛。
海芝浦駅は出入口が東芝の工場と直結していて、駅に着いても同社関係者でないと出られない風変わりな駅。
もちろん訪れる予定だったが、予想外に電車が少なく時間が無くなってしまった。これほどとは...(苦笑)

鉄道ファンのみならず、旅好きレトロ好きの心にも響く、近くのローカル線「鶴見線」。
個性派ぞろいの駅の、その趣は様々。地味ながら魅力ある路線旅である。

日本全国ローカル鉄道 「鶴見線 Ⅱ」

神奈川県 > 横浜市

鶴見線11
に続き、鶴見線の旅。
車窓から見えるのは、主に住宅地や臨海部の工業地帯で、沿線に一般的な観光地も無い。

鶴見線12
次に降りたのは、鶴見線と南武線が接続する「浜川崎駅」。

鶴見線13
同じJRなのに鶴見線と南武線で改札口が別で、乗り換えのためには一旦改札を出る必要がある。
もちろんあえてこんな面倒な構造にしたわけではなく、元々鶴見線と南武線が別の会社によって敷設されたことが理由。

鶴見線14
踏切からの風景。
沿線は工業地帯であることから、工場への引き込み線や貨車の留置などに使う線路がしばしば見られる。

鶴見線15
浜川崎駅の周辺も一昔前の下町風景がたくさん残っている。

鶴見線16
周囲で働く人以外は人が少ない。
工場以外は寂しい風景が続く。

鶴見線17
デカい工場が近づいてくると、距離はあるもののさすがにその迫力が伝わってくる。

鶴見線18

鶴見線19
雰囲気は少し異なるが、「奥多摩工業」を訪れたときの、工場へ迷い込んだような感覚になって面白い。

鶴見線20
刑事ドラマの背景に似合いそうな、クールな京浜工業地帯の工場風景。
次回はさらに、その深みへ。
続き→

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR