日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

レトロ建築探訪・伊勢編

三重県

せっかく伊勢に行ったのだから、お伊勢参りと「麻吉旅館」だけではもったいない。
道すがらの伊勢のレトロ建築を紹介しよう。

伊勢レトロ建築01
風変わりなルックスの木造三層楼「山田館」。
創業はおよそ100年前といわれ、外宮参道のシンボル的な役割。

伊勢レトロ建築02
「御福餅本家本店」。御福餅の歴史は江戸時代創業以来270年以上にわたるという。
伊勢伝統の建築様式で、2棟並んでいる。

伊勢レトロ建築03
こちらは1993年(平成5年)に開業した「おかげ横丁」。

伊勢レトロ建築04

伊勢レトロ建築05
江戸から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築・再現され、伊勢の魅力を分かりやすく伝えている。

伊勢レトロ建築06

伊勢レトロ建築07
建物は新しいものも多いが、これもまたレトロ建築紹介といえる。

伊勢レトロ建築08
建物と背景の山々。煙や靄。
旅情を感じますなぁ。

伊勢レトロ建築09
伊勢の有名店、「赤福本店」を訪れた頃は日が暮れていた。
建物は明治以来130年余り受け継がれている。金色の赤福という二文字が夜になっても眩しい。

伊勢レトロ建築10
夜の伊勢もいいなぁ。
出来れば現役時代の古市の遊郭も見てみたかった。
スポンサーサイト

素晴らしきかな懸造り 「麻吉旅館」

三重県

―妓楼には小糠の雨がよく似合う―
これはかの有名な明治の歌人の...ウソです、俺の作品です(笑)
哀愁漂う遊郭跡の街に、灰色の空とジメジメとした陰鬱な空気が絶妙にマッチするので、傘を差して遊郭跡を廻るのが気持ちよかったりする。

麻吉旅館01
三重県伊勢市にある古市(ふるいち)は、江戸時代、遊郭の場所として栄えた一大歓楽街で、遊女は1000人を超えたという。
今回紹介するこちらは遊郭ではないのだが、当時の雰囲気を物語る唯一の建物「麻吉旅館」である。

麻吉旅館02
創業200年を超える、今で言うところの料理旅館。現役です。

麻吉旅館03
麻吉は懸造り(かけづくり)といって、傾斜が急な丘陵の上に階段状に建てられた木造6階建て。
ここが素晴らしいのは、建物全体が残っているところだ。

麻吉旅館04

麻吉旅館05
下り坂の脇から見える情緒溢れる風景が続く。

麻吉旅館06
渡り廊下。

麻吉旅館07
振り返ると、味わい深い木造建築が上まで続いている。

麻吉旅館08

麻吉旅館09
急勾配に両側から風情溢れる建物が迫る。
このヴィジュアルが素晴らしい。

麻吉旅館10
さて、素晴らしき懸造りの坂道はここまで。
建物全体が残っているってのが重要ですな。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR