日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

東山茶屋街慕情 「ひがし茶屋街」

石川県

ひがし茶屋街01
金沢市の東山ひがし。
重要伝統的建造物群保存地区、所謂・重伝建で知られる「ひがし茶屋街」の情緒溢れる街並がある。

ひがし茶屋街02
茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が、今でも多く残っている。

ひがし茶屋街03

ひがし茶屋街04
全国でも希少な茶屋様式の町屋。
その歴史を知らずに歩いても、情緒漂う街並にただ酔いしれる。

ひがし茶屋街05

ひがし茶屋街06
部分部分を切り取っても、どれも絵になるのだ。
これは日本古来の美しさといえる。

ひがし茶屋街07
風情ある建物の間を抜ける石段。

ひがし茶屋街08

ひがし茶屋街09
店先から漂う色香。
何ともモダンである。

ひがし茶屋街10
城下町として栄えた金沢。そんな風情が一番残っている町が東山ひがしである。
和のモダン、癖になりそ。
スポンサーサイト

バルコニーからセレナーデ 「旧三田商店」

石川県

金沢で発見した古き良き時代の建物。
昔の写真を見ると、尾張町には昭和初期にはモダンな建物が多く並んでいた。今回は数少ない生き残り「旧三田商店」。

旧三田商店1
1930年(昭和5年)に竣工した「旧三田商店」。
西洋風の意匠が目を引く建物で、前回の「金沢文芸館」と同様、角にRが付けられている。

旧三田商店2
丸みの付いた角部を正面玄関にし、そこに装飾を集中させている。
東京・江東区で見た「佐賀町スタジオ」に似た雰囲気の装飾。

旧三田商店3
特に2階部分の窓台に手すりの付いたバルコニーはエレガントで個性的。

旧三田商店4
1階と2階はデザインが分けられていて、2階部分はチョコレート色のスクラッチタイルを貼っている。

旧三田商店5
建物には入り口別で喫茶店も入っていて、入り口脇には金色のベンチもある。
目の前にはバス停があり、バス待ちの際にも座っていいってんだから心が広いね。

金沢のモダンな銀行建築 「金沢文芸館」

石川県

今週は、金沢市尾張町で発見した古き良き時代の建物を2軒紹介。
1軒目は橋場町交差点にあるレトロモダンな建物。

金沢文芸館1
いかにも昭和初期のモダンさを感じるこの建物。
元々は「石川銀行橋場支店」だった建物を、金沢市が改修し「金沢文芸館」として転用されている。
竣工は1929年(昭和4年)。敷地に合わせ変わった形をしていて、角にはRが付けられている。

金沢文芸館2
1階・2階はアーチ型の窓。3階は角窓になっている。
横から見ると、全ての角に丸みが付けられ可愛らしい。

金沢文芸館3
正面玄関は、イオニア式角柱付け柱を左右に配した意匠。
銀行だった建物の名残ともいえる。

戦前から80年以上も界隈のランドマークとして親しまれている。

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR