日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

レトロ建築探訪・京都編

京都府

京都で「レトロ建築探訪」というと見つかる建物もレベルが高く、数も多くてキリがなさそうだが、今回の京都冒険で見つけた、京都駅周辺のレトロ建築物を紹介。

京都市役所1
まずはこちら。
1927年(昭和2年)から1931年(昭和6年)にかけ完成した「京都市役所」。
意匠設計は「五龍閣」も設計の武田五一が監修した、鉄筋コンクリート造り4階建て。

京都市役所2
変化に富んだ中央ファサードの意匠が目を引く。

富士ラビット
現在「なか卯」が入居している「富士ラビット」と書かれた建物。
大正末期竣工というこちら、かつてはフォードの輸入代理店だったそうで、車やタイヤのデザインのステンドグラスが見られる。
機会があれば是非内部も見てみたい。

旧家邊徳時計店
煉瓦造りに凝った装飾が贅沢な「旧家邊徳時計店」。
1890年(明治23年)竣工、日本最古の時計貴金属商店舗である。

sacra
現在カフェや雑貨店が入る「SACRA」も、不動貯金銀行の京都支店として1916年(大正5年)に建てられた古い建物。

京都中央信用金庫東五条支店1
上の「SACRA」と似ているが、こちらは1924年(大正13年)竣工の「京都中央信用金庫東五条支店」。
柱やアーチ窓など装飾され、銀行らしい重厚な石造り。

京都中央信用金庫東五条支店2
隣りのかまぼこ屋「ヨシモト」もこりゃ古い。

レトロ建築探訪京都1
そして京都といえば路地裏に迷い込むのも楽しみの一つ。

レトロ建築探訪京都2

レトロ建築探訪京都3
ひょんなところで、あっと驚く風情で出迎えてくれるかも知れない。
スポンサーサイト

回るよ時代とサインポール 「宮川美髪館」

京都府

前回の「文椿ビルヂング」に続き、京都に残る近代建築の一つを紹介。

宮川美髪館1
こちら「宮川美髪館」は、油小路と綾小路が交わる路地にある。
建物の外観全体の写真を撮り忘れてしまったが。

宮川美髪館2
昭和2年竣工。右から左に「美髪館」と書かれているのが素敵。
木造二階建てで、壁面は全体的に黄色のタイルで飾られ、下のほうには板チョコみたいなビターブラウンのタイル。

宮川美髪館3
何ともレトロ感あふれるサインポールに、窓の装飾が可愛らしい。

大きな洋館などは文化財として登録されているものも多いが、京都にたくさん残っているこのような小さな近代建築は、周辺住民しか知らないような建物も多い。
こんな建物が路地にひょっこり現れるのだから、京都の冒険はクセになる。

文明開化の花の香り 「文椿ビルヂング」

京都府

文椿ビルヂング1
京都市中京区にある「文椿(ふみつばき)ビルヂング」は1920年(大正9年)竣工。
珍しい木造の洋館で、洋館でありながら、約5mという社寺仏閣並みに天井の高い造り。

文椿ビルヂング2
壁面や屋根にモダンな装飾が施され、随所に使われている銅板の青緑が映える。

文椿ビルヂング3
当初は貿易会社の社屋として使われ、戦後間もなくはアメリカの文化施設としても使わていた。
現在はリノベートされ、ショッピングや食事のできる商業施設になっている。

ハイカラな独特の魅力のあった京都の町並みも、東京と同じく節操のない抗菌・均質の町並みへと変わりつつある。そんな中でこういったプロジェクトは大きな意味がある。

華やかな女が通った夢の街 「五条楽園 Ⅲ」

京都府

前回に続き、「五条楽園」の遊郭建築を訪ねて。

五条楽園21
風情ある装飾が施された建物が作り出す街並。1軒1軒個性がある。

五条楽園22
橋の袂には、一際立派な建物が。
2階の簾がたまらないこちらは「三友楼」。界隈で最大のお茶屋だったそうで、現在も営業している。

五条楽園23
おや、トタンにアーティスティックなペイントが書かれている建物も。

五条楽園25
こちらは角に大きくRが付けられた見事なカフェー建築。
部分的にリフォームされているが、こちらは装飾の見どころ満載の大物だ。

五条楽園26
玄関の左側には、丸窓と四角窓が合体し、どこかオリエンタルなステンドグラスが。

五条楽園27
玄関右にも丸窓が2つあるのだが、配置のセンスがタダ者じゃない。

五条楽園28
その向こうには、アーチデザインがなされている。

五条楽園29
ヒーリング・カフェ「TOKI-WA-SOH」として営業中のこちらも、リフォームされて綺麗な状態だが往時の雰囲気を残している。タイルや丸窓、ステンドグラスと装飾フルコースだ。

五条楽園30
こちらの大きな建物は「五条楽園歌舞練場」。
舞妓はんたちの日々の稽古の場であり、催し物などでも使われている。

華やかな女が通ったこの街で、たくさんの淡く儚い逢瀬の思い出。
楽園と呼ばれた街の昔に思いを馳せ、郷愁に似た情緒を知る。

華やかな女が通った夢の街 「五条楽園 Ⅱ」

京都府

前回に続き、「五条楽園」の遊郭建築を訪ねて。

五条楽園11
昭和に建った遊郭建築もいいが、いかにも京都らしい遊郭建築があるのも嬉しい。

五条楽園12
唐破風屋根が美しい木造建築。やはりこれだけのものは東京ではお目にかかれない。

五条楽園13
以前「gojo 和カフェ たか橋」の紹介でも触れたが、この「五条楽園」には「お茶屋」と呼ばれる店舗があり、旅館のような構造をしているが、性風俗も扱っていた店も多かった。現在も数軒のお茶屋が残っている。

五条楽園14
こちらのお茶屋「喜久粋」は現役のらしいが、どうやら昼間は営業していない模様。
鳥居付きの小さな祠がある。

五条楽園16
こちらの建物は珍しい装飾。

五条楽園17
細かな黒い丸型タイルの壁面をベースに、飛び石のように白い石が埋め込まれたデザイン。

五条楽園15
遊郭建築の装飾として、モザイクタイルも大きな見どころ。
微妙にトーンの違う2色のタイルが使われたカフェー建築。大きな丸窓の跡があり、現在は丸の内側に新しい窓が付けられている。

五条楽園18
こちらは壁、床ともに細かいタイルで装飾されている。壁の桜色が和の心意気。

五条楽園19
外壁に2色のタイルが貼られ市松模様になっている大変オシャレな装飾の「新みかさ」。着物の柄に通じるものがある。
随所に装飾が施され手抜かり無しといった感じ。

五条楽園20
入り口横には青緑色の縁取りが施され、2つの丸窓が合体した形状。色使いもまたハイセンスだ。
細部まで凝った装飾が施された見事なカフェー建築である。

続き→

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR