FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

始まりは小さな祠 「旗下山慈眼寺」

埼玉県 > 秩父
今回は桜の季節に訪れた秩父の寺院をお届け。
旗下山慈眼寺01
秩父三十四観音霊場の第十三番札所「旗下山慈眼寺」。

旗下山慈眼寺02
1486年(文明18年)に開かれた慈眼寺。

旗下山慈眼寺03
明治時代に起きた秩父大火でそのほとんどは焼け落ちてしまったが、再建された観音堂は約120年の時を経ている。

旗下山慈眼寺04
荘厳な彫刻が施されている、入母屋造りの国内でも屈指の建造物である。

旗下山慈眼寺05
山門から右に向かったところにある石造りの「経蔵」。

旗下山慈眼寺06
中には輪蔵形式の経庫があり、心柱の上に六角灯篭型の経蔵を置いて回転できるようになっている。

旗下山慈眼寺07
礼拝しながら7回転させると、一切経を全て読んだご功徳があるそうです。

旗下山慈眼寺08
奥の正面には​聖観世音菩薩坐像、阿弥陀如来立像が祀られている。

旗下山慈眼寺09
左右の側面に秩父札所を創建したといわれる13権者像が祀られている。

旗下山慈眼寺10
太古の昔、日本武​尊が立ち寄り、御旗を建てさせたことにより旗の下(ハタノシタ)と呼ばれた当地。780年前に小さな祠から始まったと伝えられている。
スポンサーサイト



戦後の盛り場の面影 「三州屋商店会」

埼玉県 > 埼玉中央
かつて農村だった北浦和界隈は、戦前から市街地として開発が始まった。
「北浦和駅周辺」でも紹介したように、レトロな昭和建築が多く残っていて建物好きを喜ばせる街だが、やはり今回のこちらが大きな見どころ。
三州屋商店会1
こちら「三州屋商店会」である。いかにも我々好み。

三州屋商店会2
かつて「三州屋」という大きな旅館があったそうだが、すでに解体。
当地はその名残のようだ。

三州屋商店会3
戦後の盛り場の面影を色濃く感じる。

三州屋商店会4
よく見ると、すぐそこまでマンションが迫っている。
「いやねぇ、あの辺。古くて汚らしいわね~」って声が聞こえてきそうだ。

三州屋商店会5
道を渡った先にも数軒の呑み屋や小料理屋が残っている。
しかし解体され駐車場になった箇所の多さが痛々しい。

三州屋商店会6
全盛期は40軒近くあったという店舗も、今や残りわずか。

三州屋商店会7
簡素なバラック建てばかりだが、居ぬきで新しい店舗を始めるツワモノもおわすようだ。
分かりますよ。この雰囲気、好きなの。

三州屋商店会8
こういう飲み横の雰囲気って、テーマパーク的に再現したりしても出せない物だ。
この先も減少衰退は避けられないだろうが、全て消えてしまうのは忍びないなぁ。

奇天烈なアイデア駐輪場 「北浦和駐輪場」

埼玉県 > 埼玉中央
北浦和駐輪場01
北浦和駅東口から徒歩5分ほどにある「栄通り」。
ここに「北浦和駐輪場」あり。

北浦和駐輪場02
実はこちら、元キャバレーの居ぬき物件で駐輪場となっている大変レアなケースなのだ。

北浦和駐輪場03
入口脇にある案内板。角の丸いフレームはキャバレー時代には出勤女性の写真が貼ってあったと推測。
遊郭でいう「顔見世」にあたる掲示板。

北浦和駐輪場04
玄関にもあった。こちらはオレンジのガラスで、上から紙が貼られている。

北浦和駐輪場05
2階へ上がると、壁一面が真っ赤。
駐輪場にしては艶めかしすぎる。

北浦和駐輪場06
奥へと続くこのスペースはトイレだったのだろう。

北浦和駐輪場07
しかし現在は利用者に解放されているわけではなく、トイレのプレートはぞんざいにテープが貼られ、扉も封鎖されている。

北浦和駐輪場08
そんな空間が駐輪場になっている、あまりにもシュールな光景。

北浦和駐輪場09
天井の装飾などが残っているが、壁やソファーがベニヤ板で覆われ、無常の風が吹いている。

北浦和駐輪場10
以前に元キャバレーの駐輪場があるという情報は得ていたが、北浦和訪問時に「もしやここでは?」と寄ってみたら当たりました。
キャバレーが駐輪場。こんな奇天烈なアイデア、今後も増えてくるかも。

1980年代的なノリに注目 「北浦和駅周辺 東側」

埼玉県 > 埼玉中央
前回に続き「北浦和駅周辺」。
北浦和駅周辺11
今回は駅東側。
駅東口の駅前は、地方都市然とした昭和の観光地的街並み。

北浦和駅周辺12
熱海とか沼津なんかと近い、華やかだった時代の面影も残しつつ古ぼけた街並みだ。

北浦和駅周辺13
横丁的な路地の楽しみもあり。こちらは「栄通り」。
右にある「北浦和駐輪場」は面白いので次回紹介。

北浦和駅周辺14
地元で人気の中華「娘々(にゃんにゃん)」やガールズバー、怪しげなマッサージ等の男臭いラインナップ。

北浦和駅周辺15
そして西側編でも述べたように、1980年代的なノリに注目したい。
70年代のシブいビルと90年代以降の高層マンションに交じり、80年代の目指した未来的なオシャレ建物が面白い。

北浦和駅周辺16
なかでも注目はこちら、「ライオンズプラザ浦和元町シティ」。

北浦和駅周辺17
スーパーや保育園も入居するビルだが、丸みを強調した階段が良い。

北浦和駅周辺18
角が無い壁に丸い穴、丸い照明。

北浦和駅周辺19
半円のアーチ型入口など、当時のモダンさを感じる。

北浦和駅周辺20
レトロを探すとついつい50~70年代くらいの建物に目が行きがちだが、1980年代的な文化を感じる街並みも面白い。

世界冒険紀行でも感じるが、どの国でも見られるモノじゃない。
80年代にも景気が良かった国に限られてくるし、ファッションでいうとアンティークやヴィンテージではない古着の楽しさ。あまり言及される機会が無かったが、今後注目です。

1980年代的なノリに注目 「北浦和駅周辺 西側」

埼玉県 > 埼玉中央
今回は埼玉の県庁所在地・浦和の一角「北浦和駅」の周辺。
北浦和駅周辺01
カプセルタワーの一室が展示されている「北浦和公園」や「埼玉県立近代美術館」のある街。

北浦和駅周辺02
駅のすぐ西側を国道17号と国道が鉄道に並行して走っていて、近隣型の商業地区が形成されている。
商店街には昭和が香る建物が多くあり、その多くは健在。

そんな中で我々が注目したのは、1980年代的なノリの商業建築だ。
北浦和駅周辺03
西口ではこちら「小松屋ビル」が面白い造り。

北浦和駅周辺04
1990年代初頭のバブル崩壊前の清里高原を思い起こさせるオシャレ感は、駅西側・東側ともに見られる。

北浦和駅周辺05
撤退してる店も多いようで、現在はフィリピンパブなんかも入居している。
ビル好きは、是非ビルにも注目したい。

北浦和駅周辺06

北浦和駅周辺07
壁面タイルや角丸の窓、モダンなフォントが目白押し。

次回は駅東側。

« »

04 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR