日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

甘い香りの風に誘われ 「新世界乾杯通り 後編」

山梨県

前編に続き、「新世界乾杯通り」の冒険。

新世界乾杯通り11
新しい店舗も、昔の雰囲気を極力残したままという気概を感じる。
やっぱりこういうの始める人ってのは、さすが分かってらっしゃる。

新世界乾杯通り12
入居者募集の張り紙あり。
皆で「新世界通り」のかつての素敵な雰囲気を復活させよう、ってね。

新世界乾杯通り13
ここからさらに路地裏もあり。

新世界乾杯通り14
この路地裏にも店舗があり、バー「セクシー」の看板。
この看板がステキ過ぎる。シンプル・イズ・ベストを地でいくような看板だ。

新世界乾杯通り15
今回の「新世界乾杯通り」のエリア外になるのかも知れないが、「新世界通り」をそのまま進んだ場所。
裏口にあたる立地に見逃したくない建物がある。

新世界乾杯通り16
車通りからも遠くに見える看板。比較的大きな建物。

新世界乾杯通り17
「SAUNA」と書かれた素敵すぎる看板は、色っぽいマーメイドがハートを掲げている。
どういう店かは容易に想像がつく。

新世界乾杯通り18
店舗名は「フォーェバー」というらしい。
八角形のマルチカラーの装飾が何ともレトロで萌える。

新世界乾杯通り19
入口上を見ると、ガラスブロックは崩れ、壁面タイルも剥がれ落ちてしまっている。

新世界乾杯通り20
入口もあるにはあるが、すぐ先のドアが封鎖されていた。
これは内部も見てみたかったなぁ。潜入したい気持ちをグッと抑え、この地を後にした。

富士吉田を訪れた際は、目立った観光地と併せて是非この「月江寺駅周辺」にも足を運んでみてはいかが?
スポンサーサイト

甘い香りの風に誘われ 「新世界乾杯通り 前編」

山梨県

新世界乾杯通り01
月江寺駅から魅力的な商店街・飲み屋街を抜けると、気になる路地への入口が目に入る。

新世界乾杯通り02
「新世界乾杯通り」と書かれた看板。
かつては「新世界通り」という名で賑わっていたが、徐々に衰退し近年まで飲み屋街として終末化していたが、2016年より名を新たに復活プロジェクトがスタートしたという。

我々のように、こういった雰囲気ある街並みに魅力を感じる人はたくさんいるんだな。
今回は復活プロジェクトの紹介というより、人々を惹きつける当地のディープな魅力を存分に紹介したい。

新世界乾杯通り03
入口をくぐると、正に路地裏という言葉がしっくりくる荒れた通り。

新世界乾杯通り04
そこへ現れたのは、戦前の遊郭建築を思わせる凄い建物。

新世界乾杯通り05
二階部分には、かつての屋号だろうか。何か書かれているが読めない。
右側は食堂と書いてあるようだが。

新世界乾杯通り06
入口には唐破風。
ダダモンじゃないぞ、これは。

新世界乾杯通り07
表側に回ると、何と!前回紹介した「子の神通り」の「金寿司」じゃないか。
奥がこんな風になっていたのか。

新世界乾杯通り08
そしていよいよ「新世界乾杯通り」の飲み屋街が始まる。
「愛人」の看板には琴線に触れる哀愁が漂う。

新世界乾杯通り09
そしてここから通りは一層細くなり、濃密な雰囲気が漂う。

新世界乾杯通り10
東京の「玉の井」を思い起こさせる。
あっこは広範囲にわたり赤線跡が残っていたが、今や風前の灯になってしまった。

続き→

提灯浮かぶ拠り所 「子の神通り」

山梨県

前回までお届けした「月江寺駅周辺」。
地味ながら味わいある街並に引き込まれていく。

子の神通り1
そんな中で我々がメイン目的地と定めていたのは、その名も「新世界通り」。
ここかと思って入ったこちらは「子の神(ねのかみ)通り」だった。

子の神通り2
かつて繁華街だったこの通りは今でも昔懐かしい店が立ち並んでいる。
頭上に提灯が浮かんでいるのも特徴。

子の神通り3
通りに足を踏み入れたら誰もが気になるであろう、こちら「ジゴロ」。

子の神通り4
階段の先には一体どんな世界が待っているのか。

子の神通り5
ここも渋い。「ぎおん」。
釣り鐘型の看板といい、扇子の絵といい。

子の神通り6
夜は提灯の明かりの中、ジャズバー、スナック、焼鳥屋など、明かりを灯し始めるという。
通りにある子之神社は、かつて歓楽街で働く女性たちの心の拠り所であったという逸話もある。

子の神通り7
さてこちら「金寿司」が見えてくれば、目的地は近い。
いよいよ「新世界通り」の入口がすぐそこだ。

夢でも訪れる街 「月江寺駅周辺 Ⅲ」

山梨県

月江寺駅周辺21
前回から引き続き、「月江寺駅周辺」をお届け。
看板建築が多く残る車通り。このスペーシーな窓もイイね。

月江寺駅周辺22
ふとした路地を入ってみる。

月江寺駅周辺23
そこにあったのは「富士吉田ユースホステル」。
昭和11年に建てられ、現在もそのまま使われている和風ユースホテル。

月江寺駅周辺24
「月江寺大門商店街」にある古い建物のカフェ「月光」は、残念ながら時間が合わず入れなかった。

月江寺駅周辺25
その並びにあった「月の江書店」。
昭和24年の創業で、この時は閉まっていたが現在も営業しているとのこと。

月江寺駅周辺26
当時もののレトロな外観が魅力的。

月江寺駅周辺27
どの路地を覗いても、惹かれる風景が待っている。
心の片隅によぎる既視感は、きっと子供時代に見た風景と似ているのだろう。

月江寺駅周辺28
最後に、地元の人のススメで、こちら伝統の吉田うどんの「桜井」で休憩。

月江寺駅周辺29
通常のうどんよりコシがあり、ガシガシ噛むような固めのうどんが美味。
メニューは「温かいの」と「冷たいの」の2種という潔さ。

月江寺駅周辺30
「冷たいの」は、熱くないうどんをつけ汁で頂くというもの。
両方1杯ずつ注文し、会計が700円で驚いた。こんなウマいうどんが1杯350円?

目立った観光地が無いこの街に、これほど魅力が溢れていたのだ。
まだ終わらない。この後、この街のコア部分へ向かう!

夢でも訪れる街 「月江寺駅周辺 Ⅱ」

山梨県

前回に続き「月江寺駅周辺」をお届け。
月江寺駅周辺11
前回現れた「ミリオン通り」に潜入。
それにしても真っ赤なサスペンスタッチの魅力あるフォント。

月江寺駅周辺12
謎の店舗「あおもり」。
何の店舗か全く触れられていないが、壁の色といい入口の感じといい、ナニのソレを匂わせている。

月江寺駅周辺13
また路地の雰囲気もサスペンスタッチで素晴らしい。植木が並ぶ下町仕様。
真っ直ぐな道で、「ミリオン通り」の看板が先に見えるのもイイ。

月江寺駅周辺14
こちらの建物は看板が見当たらないが、元店舗だろうか。現役だろうか。

月江寺駅周辺15
菱形の渋すぎる看板が目を引く。

月江寺駅周辺16
荒れた路地裏もクールだ。

月江寺駅周辺17
車通りへ出ると、看板建築がワンサカ現れた。

月江寺駅周辺18
我々の大好物、銅板葺きは見当たらないが、なかなかイイ看板建築が点在。

月江寺駅周辺19
こちら中学・高校制服も取り扱う「洋装のつちや」。

月江寺駅周辺20
マネキンが予想を裏切るギャルタッチ。カラコンに真っ赤な口紅。

まだまだ紹介したりない。次回へ続く。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR