FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

古くからある商業の街 「小川町駅周辺 前編」

埼玉県 > 埼玉西部
古くから地域の商業中心であった秩父地方の入口、小川町。
今回はそんな「小川町駅」の周辺を冒険。
小川町駅周辺01
小川町といえば有名なのが小川和紙。その起源は1300年前にさかのぼると言われている。
また、衣料品小売「しまむら」の発祥の地で、「島村呉服店」があった。

小川町駅周辺02
駅前から古い商店街が続く。

小川町駅周辺03
さすが古くからある商業の街。
建物も店舗も古いものが多く存在していてワクワクする。

ランドマーク的な建物も複数存在する。
小川町駅周辺04
名物料理・忠七めしが有名な「割烹旅館二葉」。
写真の本館は1933年(昭和8年)築で、木造二階建ての数寄屋造り。登録有形文化財。

小川町駅周辺05
ちなみに忠七めしとは、幕末から明治初期にかけて活躍した山岡鉄舟がたびたび小川町を訪れていて、その際当主・八木忠七に所望して作り出されたものと伝えられている。

小川町駅周辺06
続いて気になる看板が現れる。女郎うなぎとは...

小川町駅周辺07
こちらの紹介は後述するとして、吉原遊郭の遊女にゆかりある、こちらも小川名物の一つである。

小川町駅周辺08
だいぶ草臥れた壁面が哀愁を誘う大型店舗「前田家具」。

小川町駅周辺09
薄暗い店内は、まるっきりそのまま昭和空間がパッケージされたかのよう。

小川町駅周辺10
木造の建物に加え、煉瓦塀や看板建築も並んでいる。魅力的な街並みは後編へ続く。
スポンサーサイト



ポップカルチャー発信拠点 「ところざわサクラタウン Ⅲ」

埼玉県 > 埼玉西部
前回に続き、ポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」の冒険。

ところざわサクラタウン21
「角川武蔵野ミュージアム」の5F。
武蔵野回廊、武蔵野ギャラリーでは武蔵野の自然や文化などを紹介・展示。カフェレストランも有り。

ところざわサクラタウン22
本棚劇場・エディットタウンの展示の仕方にも注目。

ところざわサクラタウン23

ところざわサクラタウン24
アートの薫り漂う、凝ったレイアウトやインテリアは、インスピレーションに語り掛けてくるよう。

ところざわサクラタウン25
こちらはエディット・アンド・アートギャラリー」。

ところざわサクラタウン26
期間限定展示の「だから私は救われたい」は幻想的。

ところざわサクラタウン27
「角川武蔵野ミュージアム」を後にし、せっかくなので商業施設の方も。

ところざわサクラタウン28
近代的な建築の見どころもあるが、角川武蔵野ミュージアムの後なので、メンバーとは歩きながらそっちの話題ばかりでした(笑)

ところざわサクラタウン29
こちらはサクラタウンに隣接する東所沢公園。
園内には、角川文化振興財団による「武蔵野樹林パーク」がある。

ところざわサクラタウン30
光のアート空間「チームラボ どんぐりの森の呼応する生命」というインタラクティブな作品が展示されている。有料。

久しぶりにメディアで紹介されたばかりの、新鮮な話題のスポットへ足を運んだ我々。
建築好きも要注目の、イマジネーション湧き上がるポップカルチャーの発信拠点を発見した。

ポップカルチャー発信拠点 「ところざわサクラタウン Ⅱ」

埼玉県 > 埼玉西部
前回に続き、ポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」の冒険。
ところざわサクラタウン02
今回も「角川武蔵野ミュージアム」を中心にお届け。

ところざわサクラタウン11
エントランスロビーとなる2Fにも、様々な芸術作品が展示されている。

ところざわサクラタウン12
最大の見どころとなる4F「本棚劇場」のプロローグとして、こんな巨大な本も。

ところざわサクラタウン13
全体的に黒い壁面になっていて、大きな吹き抜けに銀や鈍色。シャープな印象。

ところざわサクラタウン14
さて、エレベーターで4Fにやってきた。
いくつもの本棚が街区のように置かれていて、図書館横丁といった趣の雑多さがそそられる。

ところざわサクラタウン15
そんな中に突如博物館や美術館といった趣の展示が現れる。

うぉ!荒俣さん!
ところざわサクラタウン16
4Fは荒俣宏監修の「荒俣ワンダー秘宝館」があり、この荒俣さんは壁面から色々解説してくれている。ちゃんと喋ってます。

ところざわサクラタウン17
そしてこちらが圧巻の「本棚劇場」。
4Fから5Fを貫く2階層約8mに及ぶ本棚空間。

ところざわサクラタウン18
人間の頭の中を再現したような複雑に入り組む本棚の空間。

ところざわサクラタウン19
5Fからの眺め。約3万冊を蔵するという、見たことのない巨大本棚だ。

ところざわサクラタウン20
また、3台のプロジェクターを使って8mの本棚に投影されるプロジェクションマッピングも大きな見どころ。
アナログとデジタルの折衷で、映像と言霊が降り注ぐようなデジタル映像が楽しめる。

「ところざわサクラタウン」は次回まで続きます!

ポップカルチャー発信拠点 「ところざわサクラタウン Ⅰ」

埼玉県 > 埼玉西部
冒険紀行でも時折、それこそメディアで紹介されたばかりの、新鮮な話題のスポットへ足を運ぶこともある。例えば東京版の「KAWAII MONSTER CAFE」など。
今回のこちらもニュースで建物の映像を見て、これは是非見てみたいと思ったわけです。

ところざわサクラタウン01
所沢市東所沢和田にあり、最寄りはJR武蔵野線・東所沢駅。
徒歩10分ほどで、巨大な岩石のような異様な存在感の建物が見えてくる。

こちらが「ところざわサクラタウン」去る11月6日にグランドオープンを迎えたばかり。
日本最大級のポップカルチャーの発信拠点となる、角川文化振興財団運営の複合施設である。
ところざわサクラタウン02
見えていたのは施設内のランドマークである「角川武蔵野ミュージアム」。
建築家・隈研吾が設計したインパクト建築物だ。

ところざわサクラタウン03
施設は「ジャパンパビリオン」や商業施設、宿泊施設である「EJアニメホテル」もあり。

ところざわサクラタウン04
「武蔵野坐令和神社」なんてのもあり。
こちらも隈研吾が社殿のデザインを担当。

それでは「角川武蔵野ミュージアム」を中心に冒険スタート。
ところざわサクラタウン05
こちらは図書館、博物館、美術館を融合した地上5階建ての文化施設。
まずは目を引く外観をじっくり紹介したい。

ところざわサクラタウン06
高さ30メートルの巨大な岩石をモチーフにした建物。
外壁には、1つおよそ50kg~70kgの花崗岩を約2万枚も使用しており、66枚の三角形を組み合わせたという複雑な外観だ。

ところざわサクラタウン07
こちらは隣のビル4階から見たミュージアム。見る角度や光の加減によって様々な表情を見せてくれる。
隅氏は「地形そのものが建築になったようなものがつくりたかった」と語っている。

ところざわサクラタウン08
それにしても圧巻の建築物。
外観から階層構造を読み取れない建物は5階建てになっている。

ところざわサクラタウン09
それでは内観へ。角川武蔵野ミュージアムの入口は2Fとなる。
まず目が行ったのがこの5体の「ウルトラブッダ」。

ところざわサクラタウン10
日本が誇るスーパーヒーローと仏陀が融合。

次回に続く

知られざる太郎の大作 「躍動の門」

千葉県
浦安市運動公園1
東京ディズニーリゾートのすぐ近くにある「浦安市運動公園」。
この公園には、ダイナミックなモニュメントが設置されている。

浦安市運動公園2
正面入口にある「躍動の門」。岡本太郎の作品である。

浦安市運動公園3
プレートも本人による書でしょう。
躍動が躍動してます。

作風も、実に岡本太郎らしい。
浦安市運動公園4
ただここまでダイナミックな作品が、氏の記念館や博物館ではない公園に設置されているというのも珍しい。

浦安市運動公園5
門の真下から公園の先を望む。

浦安市運動公園6
こちらは中央広場に設置されている「五大陸」。
こちらもダイナミック。

浦安市運動公園7
公園内にはこのようなアスレチックの他、野球場やテニスコートもあり、敷地面積は約18ヘクタール。

浦安市運動公園8
こんなに大きな岡本太郎作品が、こんな場所にあるとは知らなかった。

« »

12 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR